活動風景

過去の活動風景はこちらをクリック

11/19(金)実施 旧東海道ゆっくり旅④「戸塚宿~藤沢宿」

新型コロナウイルス感染拡大で、2度中止後の実施でした。シリーズ物で固定客が多く、参加者50名でした。
コース(約5.6㎞) JR 戸塚駅→清源院→内田本陣跡→澤邊本陣跡・羽黒神社→海蔵院→八坂神社→冨塚八幡宮→大坂台⇒(バス乗車)⇒鉄砲宿→一里塚跡→遊行寺・長生院→藤沢宿交流館→JR 藤沢駅(解散)

11/14(日)実施 外国人のための散歩ツアー「みかんがり」

金沢国際交流ラウンジ様のご依頼で、市内に住む外国人の方々と街歩きをしました。金沢の昔の話を少しして、能見台を見下ろして歩き、柴シーサイドファームで「みかんがり」をしました。柴シーサイドファームからの海がきれいでした。

コース:京急能見台駅⇒長浜野口記念公園⇒柴シーサイドファーム(みかんがり)⇒宝蔵院

 

 

11/13実施 称名寺ご住職のお話とご本尊の拝観

金沢の古刹「称名寺」にて、今年もご住職のお話を伺いご本尊を拝観する貴重な機会をいただきました。称名寺まで古道を歩き、ご住職のお話の後は紅葉の始まった境内を散歩しました。

コース:金沢文庫駅西口~称名寺への道標跡~子聖大権現~称名寺

 

 

11/2(火)実施 幕末・明治の米倉家の史跡を歩く

横浜市歴史博物館で開催されている企画展『横浜の大名 米倉家の幕末と明治』を担当する学芸員のミニ講座を聴いた後、展示で紹介されている武州金沢藩(六浦藩)米倉家が金沢八景に残した史跡を歩きました。天候にも恵まれ、普段あまり行かない史跡に行くことができました。
コース(約3㎞) 金沢八景駅3階改札口前(集合)→瀬戸神社2階大広間(ミニ講座)→旧円通寺客殿(解体再建中)→米倉陣屋跡→泥牛庵→金龍禅院→金沢八景駅(解散)

10/23(土)実施 みなとヨコハマを巡る 「横浜道を歩く」

「ガイド再開2回目です。好天続きなので、予想通りの参加者でした。
普段は、車で通過してしまう道を歩いて、開港当初の「みなとヨコハマ」を満喫していただきました。
コース(約5.8km) 横浜駅→浅間下交差点→新田間橋→(元)平沼橋→平沼駅跡→水天宮平沼神社→京急平沼駅跡→敷島橋→2 代目横浜駅遺構→岩亀横丁→掃部山公園→平沼専蔵屋敷跡→吉田橋関門跡(解散)

4/3(土)実施 横浜魅力帳を歩く1「今に残る金沢八名木と桜を辿る」

「横浜金沢魅力帳を歩く」シリース、今年の第一弾として実施しました。随所で桜が咲き乱れており、
特に龍華寺の御室桜は満開で、皆さまも満面の笑みでした。龍華寺で、小冊子「横浜金沢魅力帳」を
の販売を行いました。購入の方および「魅力帳」を持参の方に、金沢区役所からの記念品をお渡ししました。
コース(約4km):金沢八景駅→瀬戸神社→姫の島公園→龍華寺→安立寺→泥亀公園→寺前町公園→子聖大権現
→称名寺→海の公園(解散)
      

2月6日(土)実施 横浜金沢観光協会後援ウォーク 称名寺を囲む金沢三山ウォークと能見堂の梅

 緊急事態宣言下ではありましたが、検温、手指の消毒、少人数の班編成、無線ガイドシステム導入など、新型コロナ感染対策を徹底して実施しました。

 称名寺をとり囲む日向山、稲荷山、金沢山を歩いた後、能見堂跡へ。天気に恵まれ、金沢山からは、八景島・野島・房総半島、西に富士山も観えました。能見堂跡の梅は紅梅も白梅も今が見頃。早春のウォーキングを楽しみました。

コース:京急金沢文庫駅西口→称名寺赤門→称名寺市民の森・金沢三山(日向山・稲荷山・金沢山)→谷津二の橋→能見堂跡→赤井→京急金沢文庫駅西口(解散)

1月6日(水)実施 横浜金澤七福神巡り

本年も良い年でありますように、願いをこめて七福神をめぐりました。今年は、新型コロナ感染庄防止のため、少人数ごとに、半日コースで、マスク・消毒・検温・ソーシャルディスタンスの確保等の十分な対策を施して実施しました。

コース

京急金沢文庫駅→正法院(福禄寿)→伝心寺(毘沙門天)→龍華寺(大黒天)→瀬戸神社(弁財天)

→金沢八景駅→(シーサイドライン)→海の公園柴口駅→宝蔵院(寿老人)→海の公園柴口駅→(シーサイドライン)

→鳥浜駅→長昌寺(布袋尊)→富岡八幡宮(蛭子尊)〔解散〕 

The way to enjoy Kanazawa Hakkei 金沢八景ってどんなけしき?

On December 12, 2020, we welcomed a student from Malaysia and walked along Hirakata-bay promenade, seeking the old eight views of Kanazawa (Kanazawa Hakkei).  These views of 200 years ago remains in ukiyoe, woodblock prints.

2020年12月12日、マレーシアからの留学生(留学生)と昔(むかし)の金沢八景(かなざわはっけい)を探(さが)して平潟湾(ひらかたわん)プロムナードを歩(ある)きました。金沢八景(かなざわはっけい)は200年前、有名(ゆうめい)な画家(がか)が浮世絵(うきよえ)という絵(え)にかいています。

横浜金沢魅力帳を歩く4 明治の別荘地を巡る〜横浜金沢『富岡』〜②

令和2年12月19日 快晴の中、紅葉が進む二松庵や富岡総合公園の散策を楽しんでいただきました。前回の抽選での落選者限定により、今回は26名の方が参加されました。マスク着用、体温測定、手指の消毒等コロナウィルス感染防止策を施し実施いたしました。

今回も「金沢区にはかつて、多くの欧米人が避暑に訪れ、政治家、文化人、事業家たちが別荘を構えたとは、知らなかった」と驚きながら、紅葉の景色を堪能されていました。


[戻る]