活動風景

過去の活動風景はこちらをクリック

6/28(火)実施 金沢三十四観音霊場巡り-2

猛暑のなか、参加者32名。熱中症等を心配したが無事終了。暑さ対策のため、急遽、宝樹院から千光寺の間でバス利用に変更した。参加者の理解も得て、結果的には正解であった。泥牛庵では、本堂で、住職の講話があり、皆さん関心も持って聞かれていた。
宝樹院の阿弥陀三尊像に感動した。
初めて聞く話が多い等、参加者も満足されていた。ただ、暑さには閉口されていた。
泥牛庵、宝樹院、太寧寺の御朱印を一括して受付けたところ、8人が申し込まれた。

コース(約6km)金沢八景駅→金龍禅院(札所11番)→泥牛庵(12番)→嶺松寺跡(13番)→光伝寺(番外)→千光寺旧跡→ヨークマート(トイレ)→宝樹院・常福寺(15番)⇒(バス)⇒千光寺(14番)→六浦駅⇒(京急)⇒金沢文庫駅→太寧寺(10番)(解散)→金沢文庫駅

6/22(水)実施 畠山重忠終焉の地を訪ねる

鎌倉時代に活躍した武将、畠山重忠は幕府の権力争いに巻き込まれ、謀反お疑いをかけられて鎌倉に向かう途中、北条義時の軍勢と戦って討ち死にした。重忠の命日に終焉の地を巡った。前夜来の大雨が上がり、曇り時々晴れの蒸し暑さの中、46名の参加者とともに重忠を偲んだ。

コース(約6㎞)相鉄線鶴ヶ峰駅北口(集合)→鎧の渡し緑道→首塚→重忠公碑→鶴ヶ峰コミュニティハウス→矢畑・腰巻き→すずり石水跡→薬王寺・六ツ塚→駕籠塚→白根地区センター→白根不動尊→帷子川親水緑道→鶴ヶ峰駅北口(解散)

6/20(月)実施 夏の称名寺庭園清掃

今回は33名の会員が集まり、1時間ほどの作業で仁王門前と赤門周辺の草取りを行いました。

6/12(日)実施 鎌倉と寺4「北条義時ゆかりの地と13人」

北条氏は伊豆の北条を本貫とする豪族。義時は姉の政子が配流中の源頼朝の妻となった縁により、父時政と兄宗時等と1180年(治承4年)の頼朝挙兵に参加し、側近として信任を得て平家追討、奥州合戦に従軍。
鎌倉幕府は頼朝が没して頼家が後を継ぐが、頼家を補佐する為13名の宿老合議制「鎌倉殿(鎌倉政権の長)の13人」が定められた。

コース(約5㎞)JR鎌倉駅東口・きらら鎌倉⇒段葛⇒鶴岡八幡宮⇒今宮(新宮)⇒畠山重忠邸跡石碑⇒大蔵幕府旧蹟石碑⇒法華堂跡(源頼朝の墓)⇒北条義時法華堂跡⇒東御門跡⇒覚園寺(解散)

6/7(火)実施 八景島のアジサイと南部市場マーケット

アジサイの開花はまだ3分咲きという状況でしたが梅雨空の中雨も降らずに
八景島(アジサイ見学)⇒アメリカンアンカレッジ⇒南部市場へ
お客様をご案内することが出来ました。

コース(約4km)八景島駅→八景島(あじさい鑑賞)→アメリカンアンカレッジ記念碑→マリンゲート→市大医学部駅 ⇒(シーサイドライン)⇒ 南部市場駅→ブランチ横浜南部市場・食の専門店街(解散)

5/28(土)実施 祈りの花“仕立てアジサイと”と瀬戸神社

今年のコースは、瀬戸神社の仕立てアジサイをメインにしました。
境内にあるアジサイ鑑賞に多くの時間を割り当て、宮司の奥様からアジサイのお話を伺うことが出来ました。 

コース:権現山公園⇒米倉陣屋跡⇒泥牛庵裏山展望地⇒表御柵門推定地⇒金龍禅院⇒平潟湾プロムナード⇒琵琶島神社⇒瀬戸神社(アジサイ鑑賞、解散)

5/22(日)実施 みなとヨコハマを巡る「バラ園を歩く」

昭和初期に横浜市は、親交のあったアメリカのシアトル市に高さ4m桃山式太閤型の石燈籠を贈ったところ、その返礼として200種3000本のバラが届けられました。このバラは「日米親善のバラ」として植えられました。
平成元年には、市民投票で一番人気のあった薔薇が横浜「市の花」として制定されました。

コース(約4㎞)元町・中華街駅(集合)⇒アメリカ山公園⇒港の見える丘公園(「イングリッシュローズの庭」「バラとカスケードの庭」「香りの庭」)⇒フランス山⇒山下公園(「未来のバラ園」)⇒日本大通り⇒横浜公園(「ブラントン胸像」「彼我公園」)(解散)

5/14実施 徳川慶喜も歩いた金沢道-1 初夏の保土ヶ谷から弘明寺まで

江戸庶民の行楽地であった金沢八景へは、旧東海道から 脇街道の金沢道を利用しました。徳川慶喜も保土ヶ谷と金沢を徒歩で往復したとの記録も残されています。 第1回目は保土ヶ谷宿から弘明寺までを江戸時代の交通標識「道標」の案内に準じて歩きました。
朝方は、横浜地区に大雨警報が発令され、雨中の出発かと思われたが、9:00以降は雨も止み、幸運にも終始傘をさすことも無く、後半は汗ばむ程の温度になり、無事終了。
結局、大雨警報のためか、参加者はほぼ予定の半数であった。

 コース(約6km)JR保土ヶ谷駅(集合)→金沢横丁の道標→福聚禅寺→御所台 の井戸→北向地蔵→清水ヶ丘公園→大原隧道→杉山神 社・横濱水天宮→蒔田橋→井土ヶ谷事件の跡→乗蓮寺→ 弘明寺→市営地下鉄弘明寺駅(解散)

FSC welcoming walk with 'Sakura' on Sun, April 17

4月にしては肌寒くなった日曜日、CWAJ様よりご依頼を受け、桜田門~泉岳寺を歩きました。バングラデシュ、フィリピン、カザフスタン、韓国などからの留学生とCWAJ関係者 15名の方々と、江戸と東京が交じり合う場所を歩いて「日本」を感じていただきました。

コース: 桜田門→金刀比羅宮→愛宕神社→東京タワー→増上寺→泉岳寺(解散)

4/23(土)実施 ハマの市電が走った街④ 消えたチンチン電車(石川町・本牧・本牧神社)

シリーズ第4回目。明治44年横濱電気鉄道(のちの横浜市電)は山手(麦田)トンネルが開通し本牧まで延伸した。桜木町・関内方面から直接鉄道で結ばれたことにより、本牧は住宅地・観光地として栄えていった。本牧神社は本牧一帯の総鎮守。

コース(約4.5km) 石川町駅→山元町電停跡・山元町商店街→山手(麦田)トンネル→麦田車庫跡→妙香寺→ビール発祥の地→千代崎町バス停→(バス)→和田山口バス停→本牧山頂公園→本牧神社→三の谷バス停(解散)


[戻る]